各国の研究力:中国がすごい

各国の研究力:中国がすごい

ネットでは何かと批判されやすい中国ですが、研究力がすごいんです(@_@。

中国製品はー。。。中国人の民度がー。。。という人たち。日本は研究力では中国に大きく負けてますよー( ˘•ω•˘ )

以下の画像は、科学技術・学術政策研究所が作成した、世界の科学的出版物と共著論文の状況です。

見てわかる通り、2015年の中国の丸の大きさよ!

初めてこの資料をみたときはビックリ仰天でしたねー((((oノ´3`)ノ

アメリカが大きい丸なのはわかるけど、中国がここまですごいとは。。。て感じでした。アメリカ、中国だけ飛びぬけてて、他は同じくらいの争いって感じですね(@_@。

また、注目したいのが2003年から2015年での丸の大きさの変化具合。日本。おい( ;∀;)

 

中には量じゃなくて質が大事なんだ!という人もいるかもです。えー、それも負けておりますねぇ( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

画像には丸のほかに線が引かれていますが、この線が意味するのが共著関係:質ですね。そういう意味では、中国は丸の大きさに比べて線は少な目かな?だとしても、日本も線が少ないですね( ;∀;)

 

近年はAIブームで、コンピュータビジョンが世界的にはやっています。(私の研究分野のロボットにも大きくかかわる)10月22~27日にICCV2017というコンピュータビジョンの世界トップレベルの国際発表会がありました。そこでの各国の論文投稿数(ICCV2017で発表したい!と申請された数。20%程度が通って発表される)を見てみます。(参考:ICCV2017速報

1番にはやはりアメリカで934本です。次点で中国が844本。まぁこれはさっきの話からすればこんな感じかでしょう( ˘ω˘ )

3番目はドイツなんですが、何本だと思います?

 

 

190本です!

なにこの2番と3番の格差(・・)

4番目にイギリスで185本です。5番目が韓国の118本。あれ?日本はどこ?( ˘•ω•˘ )?

 

 

 

8番目で87本です。悲しみ( ;∀;)( ;∀;)

 

ちなみに、参加者は3000人ほどいたらしいですが、ほとんどが中国系の人ばかりだったらしいです。アメリカの発表でも中国系の人が発表していたり。日本人はごく少数だったとか。中国の伸び方ほんとすごいですね((((oノ´3`)ノ

日本の研究力、技術力は大丈夫なんでしょうか( ;∀;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA