clo値:衣類の暖かさを表す単位

clo値:衣類の暖かさを表す単位

衣類の暖かさ:衣類の熱抵抗を表す単位として[clo]という単位があります。

衣服の暖かさなんて、測れるものなのか?数値的に表すなんて???って感じですよね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

アメリカ暖房冷凍空調学会による定義は

1cloとは気温21.2℃、相対湿度50%、気流0.1m/sの室内で着席安静の状態にしている成人男性が快適である熱抵抗(着衣量)である。なおこの際の皮膚の表面温度は、約33℃である。

とのことです。

目安としては☟こんな感じらしいです(株式会社レックスさんのページより

着衣 clo値
半ズボン、半そでシャツ、パンツ、サンダル 0.3
夏ズボン、半そでワイシャツ、半そで下着、パンツ、靴下、靴、夏上着、ネクタイ 0.56
冬ズボン、長袖ワイシャツ、下着、ハイソックス、靴、セーター、冬上着 1.09

 

気になるclo値の測定方法!

このclo値の測定方法が謎ですよね~

測定にはサーマルマネキンというものを用いるみたいです。サーマルマネキンの画像が用意できなかったので、気になる方は京都電子工業株式会社のサーマルマネキン販売ページをご覧ください((+_+))

ただのマネキンにコンピュータがくっついてるだけに見えますね( ˘ω˘ )

サーマルマネキンは、各部位が熱を発することができて、人体の放熱を模擬することができるのです。サーマルマネキンに衣服を着せてマネキンの温度を見ることでclo値を計測するといった感じみたいです。

 

以下、参考論文

サーマルマネキンによる着衣量のclo値測定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA